トップ > 建築学科とは > 達成度目標
■具体的達成度目標

学校教育目標

本科具体的達成度目標

専攻科具体的達成度目標

ものづくり能力
社会の変化と要請を的確に捉え,ものづくりを多面的に認識し,実現可能なシステムを構築できる技術者の養成

与えられた設計条件の下で,様々な問題を解決,バランス良くデザイン・提案する能力を養成する.

社会の変化・要請を捉え,問題を分析・抽出し,条件の下で問題を解決・提案する能力を養成する

基礎学力
実験・実習で培われる豊かな体験と基礎理論の深い理解との融合から生まれるエンジニアリング基盤の確立

建築分野に必要な知識や技術を学習し,それらを応用して問題を解決する能力を養成する .

建築分野の実社会に必要で役立つ知識や技術を応用して問題を解決する能力を養成する.

問題解決能力
問題意識と考える力を持ち,自ら学習することによる創造力と実践力を備えた技術者の養成

建築図面を読み取る能力を養成する.ドローイングやCADによる作図技術や模型製作技術を養成する.

報告書作成能力,図面判読能力および,設計に関する説明力とプレゼンテーション力,討議能力を養成する

コミュニケーション能力
科学的な分析に基づく論理的な記述力,明解な口頭発表能力,十分な討議能力,および国際的に通用するコミュニケーション能力の修得

設計意図や内容を十分に伝達できる説明力とプレゼンテーション力を養成する.

日本語による論理的な記述,口頭発表,討議能力,英語文献読解力と基本的英会話能力を養成する.

技術者倫理
世界の文化・歴史の中で,技術が社会に与える影響を考え,自らの責任を自覚し誇りを持つことのできる技術者の育成

日本や世界の文化や歴史を,多面的に認識する能力を養成する.

建築技術が社会に与える影響を理解する能力を養成する.技術者としての誇りと責任感を養成する.




Department of Architecture, National Institute of Technology, Toyota College